戦略的なSEO

SEO対策で結果が出ないどころか
ペナルティを受けて検索エンジンからの集客数が大きく
落ち込んでしまったりしていないだろうか?

予算にあったプランで費用対効果のバランスはとれているだろうか?

HOME SEOにおけるレンタルサーバーの重要性

SEOにおけるレンタルサーバーの重要性

レンタルサーバーの性能によってseoによる順位が変わるかもしれません。seoの成果が変わってきます。

レンタルサーバー関連の要素として次のものがあります。

  • ①表示速度
  • ②SSL対応
  • ③被リンクサイトのIP分散度
  • ④サーバーの安定性

が主なものです。

各項目について解説します。

  • ①表示速度は通常の速度であれば全く問題はありませんが、データ表示時にタイムアウトが発生する(エラーになる)ほど遅いものは問題があるかもしれません。多くの場合は外部からの攻撃により表示が遅くなっている場合があります。
  • ②SSL対応の有無は以前からgoogleの評価基準に含まれていることがわかっています。大きな加点になるかわかりませんが、大切な要素です。
    2017年10月以降、スマフォのクローム経由でサイトを閲覧しようとした場合、SSL対応がされてない場合、危険であるメッセージが表示されます。
  • ③一般的にはCクラス以上での被リンクの分散は評価されると言われております。(論文も出ております。)
  • ④サーバーが不安定でアクセスできない時間が発生すると、クローラーがサイトにアクセスできないことになり、サイト(ドメイン)の評価が大きく下がる可能性があります。(これはWebmasterツールで確認することができます。)

SSLに関して

最近のホームページへのアクセスの多くはスマフォサイトです。また、スマフォユーザーの多くはブラウザとしてクロームを利用しております。このことを考えるとサイトのSSL化は無視できる状況ではありません。特に、ECサイト、個人情報を入力するページがある個人向けサービスを提供しているサイトはSSL化は必須となります。

被リンクサイト作成用のレンタルサーバーがあるのか?

被リンクサイトを構築するということであれば、123サーバーやQuiccaなどのIP分散サーバーがお勧めです。

最近のIP分散サーバーの中には通常の共用サーバーと同じスペックのものもあります。そのため、WordPressも快適に導入できます。

最近では被リンクサイトにも十分なコンテンツがなくてはいけないため、大きな製作費用がかかります。このため、被リンクサイトを構築するのをやめ、目的に応じてサイトを複数作成し、IPアドレスが変わるようにレンタルサーバーを個別に契約するというものが増えております。これはseoのためだけにサイトを作成するのではなく、ユーザー目線で有用なサイトを作るというものです。

SSL化の費用

SSL(Secure Sockets Layer)は、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組み(プロトコル)です。

個人情報やクレジットカード情報などの重要なデータを暗号化することでサーバとPC間での通信を安全に行なうためのものです。

ドメインのSSL対応価格はSSLの種類(業者の信用度、手法)によって大きく異なります。年間の費用は無料のものから数十万円となります。 サイトの利用法に応じてSSLの種類を考えて、導入してみてはどうでしょうか?seoを考えてというよりも、ユーザーの目線で選択する方がいいでしょう。

儲けたい方のためのseo会社大阪、神戸

株式会社ヒューマンインテリジェンスジャパン
〒550-0002
大阪府大阪市西区江戸堀1-23-35
http://seo.human-intelligence.biz/
http://www.human-intelligence.giz/

seo関連

メニュー

TOP Seo SEO対策 Seo会社

このページの上部へ